みそ絵本プロジェクト

 2017年7月〜2018年7月

ナカモ×椙山女学園大学河合研究室×ゴンガリくん

「味噌を使ったメニューを子どもたちに食べてもらおうプロジェクト」

味噌の良さを知ってもらうためのレシピ&絵本を作ります!

●このプロジェクトについて

 この企画は、つけてみそかけてみそでお馴染みの「ナカモ株式会社」「椙山女学園大学管理栄養学科の河合ゼミ生」このプロジェクトを企画した「株式会社新東通信」、そしてグラフィッコからは地域の盛り上げ隊長として「ゴンガリくん」が参加し、子どもたちにもっと味噌の良さを知ってもらいたい!そんな想いで始まったプロジェクトです。

プロジェクトの主な活動
★ナカモのニューキャラクター考案
★子どもたちに好きになってもらえそうなメニュー考案
★そのレシピを絵本で伝え、興味を持ってもらう
★学校給食に取り入れてもらう活動をし広める
★セレミニーを開催し、この活動を知ってもらう

●プロジェクトチームについて

詳しくはこちら↓↓↓↓↓

●クラウドファンディングへの参加

 この取り組みの一環として、夢チューブのクラウドファンディングへ参加しました。たくさんの方々にご協力いただき、目標金額に達成することが出来ました。

2017年11月18日で終了しました。

ご協力ありがとうございました。

●絵本を通じて子どもたちに伝えたいこと

・味噌の良さを知ってもらい、次世代を担う子ども達にもっと食べてもらいたい

・料理の楽しさを知ってもらいたい

・日本の伝統の味を知ってもらいたい

●制作したもの

1、キャラクター提案

 キャラクターを提案することで、子どもたちがお味噌にもっと興味を持ってくれるのでは、とキャラクターを提案する子にしました。子どもがわかりやすいようにと小学校へアンケートを取り、決定しました。

おみそくん

2、絵本「おみそってなぁに?」

 子供たちにより伝えやすい手段として絵本を制作することにしました。その中にお味噌の豆知識や、考えた味噌のレシピを取り入れて楽しいストーリーにしました。

絵本「おみそってなぁに?」

★ストーリー
「おみそくん」のお誕生日パーティの日のことです。宇宙からやってきたゴンガリくんもお友達の紹介で遊びにきました。おみそくんのママは、味噌を使ったケーキを出してくれましたが、ゴンガリくんは味噌を食べたことがなくビックリしてしまいます。おみそくんは味噌のことを知ってもらいたくて一生懸命話しました。そしてゴンガリくんは、味噌を使った料理を2人で考えようと提案します。

○販売先

ゴンガリガリオンラインショップ

https://www.gongari.net/product/407

 

※その他愛知県内の図書館にて閲覧出来ます

3、みそ使ったレシピ

 子供達にも人気になりそうな味噌を使った料理のレシピを作成。全9種類。

「和風カレーライス」「マカロニみそグラタン」「棒棒鶏」「みそポタージュ」「みそチーズケーキ」「みそ入り鬼まんじゅう」「みそ入りティラミス」「おみそのスコーン」「みそディップ」どれもとても美味しく、ぜひご家庭で作ってほしいレシピになりました。


※おみそのレシピはクラウドファンディングのチケットとして配布されました。

3、グッズ制作

 クラウドファンディングのチケットとして、おみそくんとゴンガリくんのキッチンマグネットを制作しました。

●発表や活動

2018年3月発表会&試食会

試食会でのメニュー


書店での読み聞かせ会

中日新聞に掲載されました


活動期間

2017年7月〜2018年7月

目的(テーマ) 味噌を使ったメニューを子どもたちにもっと食べてもらおう
概要 子供たちにも食べやすい味噌を使ったメニューを考え、それを絵本にする
メンバー ナカモ、椙山女学園大学河合研究室、新東通信、グラフィッコ
制作したもの

絵本「おみそってなぁに?」、味噌を使ったレシピ集

発表他

2018年3月9日、新東通信ビルにて発表会、試食会

2018年3月〜7月、地域の書店にて絵本読み聞かせ会

愛知県内の図書館や小学校に絵本寄贈

椙山小学校の給食メニューにレシピ提供